【お店ができるまで 5】ようやく内見です

写真はイメージです

ビビッと来るまで根気よく!

いきなりですが、妥協だって必要です!とも言っておきます。
お部屋探しだって同じでしょう。
ただ、いくら場所がいいところだからって、納得出来ない部分があまりにも大きかったら縁がなかっと思って次に進みましょう。
“ビビビっ!”と“妥協”のバランスですかねー。

ところでワタシ達、いーっぱい内見しました。

基本的には不動産屋さんと一緒に内見をします。
これはお部屋探しも大抵の場合一緒ですね。
けれど、例外と言いますか、時間的に無理なとき(結局不動産屋さんの都合かな?)は自分たちで見てきてくださいとなることもありました。
鍵を渡され、自分でシャッターを開けて、薄暗ーい中の様子を見るのです。
シャッター
↑ これはまだ良い方で、鍵も開けられず、「ガラス張りなので外からも見られます」のみで行かされたことも。
ガラス張り
実際、ワタシ達は内見のプロでも何でもないわけで、見まわして頼りない感じで終了です。
やっぱり説明を多少なりともしてもらえた方が、物件を決める決め手を感じられるので不動産屋さん的にも一緒にがいいのではないでしょうか?(←これはワタシの要望です。)

そうだ!ひとつ思い出しました。一番ひどかったこと。
それは地図上のここです!と指をさし、その場で決めさせようとした不動産屋さんもありました。考えられませんでした。
よっぽどやる気のない不動産屋さんか、きっと、「どうせあなた方うちで決めることはないでしょ。」という横柄な態度で、ワタシ達を見下していたのでしょう。ワタシ達、甘くみられたもんです。

この他、希望している街を歩いて、テナント募集の看板を当たってみたり、そんなこともしていました。
色々含めてざっと50件程見ましたねー。
数だけみてみると、あーこんなに見ていたんだーとちょっと驚きですが、この時のワタシ達にとっては早く決めなければいけないというのがあったので、辛さは感じていませんでした。
ただ、これだ!っというものになかなか出会えず、もちろん日に日に焦りを感じるようにはなっていました。

こーんな感じで早くも躓き感ありありですが、まだまだ内見続きますよー(^^)/

About watashi
アイツと一緒にお店をやっておるワタシです。 このブログサイト『ミセツク~お店をつくって生きる カタチ~』の運営をしています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*