【お店が出来るまで 13】物件契約

ご無沙汰しております。
もうお忘れかもしれませんね…
『ミセツク~お店をつくって生きるカタチ~』管理人、ワタシです。

どうも本業(このお店の経営)があたふたしており、更新出来ず、申し訳ありません。
殆ど更新しないまま11月も末。
それでも毎日このブログ『ミセツク』に訪問してくださった方、ありがとうございます。

さて、今回は時間がちょっと前後しますが、物件契約の時のことを書きたいと思います。

この時期は本当にこまごまとやらなければならない事が押し寄せ始め、またこの先に待ち構えている山のような案件に既に少々ぐったりしていました。

契約の時、賃貸借契約の保証人をアイツのお父様にお願いするため、実家の方からこちらへと足を運んでもらいました。
貸主、借主、保証人、仲介業者、管理会社と一緒に契約書の読み合わせなど、部屋の賃貸借契約と同じ流れでありますが、保証人の立ち合いが必要であったり、何かと雑談をしながらお茶(場所は管理会社にて)。
ここでは主に契約内容の確認になりますので、何か引っかかる点などががあったらしておくのがいいでしょう。

ほんわかムードの中、だいぶ予想の時間を過ぎてしまっていました。
実はこの時、アイツのお父様がいらっしゃるということで、ワタシの両親が食事(お昼)をしましょうとお店を予約してくれていました。

そんなゆっくりとした物件契約の時間を過ごすとは思っていなかったため、ワタシの両親があたふたしていたことが目に見えるよう。
お店の方にもだいぶ謝ってくれていたようでした。
お昼時の忙しい時にも関わらず、快く「大丈夫ですよー」と言ってもらえていたようで、出来ているお店だなぁと見習うべき点多し(^^;

ワタシ達がその予約のお店へ到着してからも、嫌な顔ひとつ見せないお店の対応。
素晴らしいです。

あまりにも滞りなく終わった物件契約だったため、殆ど書くことがない状態ですが、そんなに構える必要もない事柄でした。
ただ、条件付きである場合はこれだけの人が集まって読み合わせをするチャンスはもうないと思うので、ここでちゃんと確認しておくことをオススメします。

***
物件契約したものの、この物件は相当色々なとことに出回っていたので、不動産屋の前を通るたびにまだしばらくこの物件情報が店先に貼られていました。
「もー決まっちゃったもんね~」なんて思っていたものです。
【工事が出来るまでシリーズ】
1 決断するまでが長かった
2 決断したのはこんなところででした
3 いよいよ物件探しが始まりました
4 無計画だった私たち
5 ようやく内見です
6 どんどん内見!
7 再度見ます
8 物件決定!
9 会社を辞めるとき
10 お金のコト
11 工事のコト
12お初の合羽橋

 

About watashi
アイツと一緒にお店をやっておるワタシです。 このブログサイト『ミセツク~お店をつくって生きる カタチ~』の運営をしています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*